相続に関する豆知識

相続に関する豆知識

相続を放棄する方法

身近な人が亡くなった場合、遺された財産を引き継ぐ権利を所得することがあります。いわゆる法定相続分と呼ばれるものですが、借金などのマイナスの財産しか遺らなかったなどのように、引き継ぐと逆に損失を受けるようなケースもあります。
そのような事情がある場合、家庭裁判所での手続きをとることにより、自分の権利分を放棄することが出来ます。この手続きが相続放棄です。
この手続きは(自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内)に行わなければなりません。3ヶ月を越えてしまうと、放棄手続きは不可能となります。
この手続きを行いますと、最初から相続人では無かったことになります。
手続きに必要な書類としては亡くなった人の出生から死亡までの戸籍謄本(除籍、原戸籍を含む)、手続きをする人の戸籍謄本が必要です。
期日内であり、必要書類さえ揃っているのであれば、特に難しい手続きではありません。弁護士などに依頼せずに個人で行うことも可能です。

相続を放棄したい場合にはどうする?

遺産相続では、被相続人が生前に持っていたすべての権利義務を包括的に承継します(一身専属的なものは除く)。そのため、借金のほうが多いというケースもあります。
また、だれかの連帯保証人になっている場合、その連帯保証人としての地位までも承継してしまうので、その人が夜逃げをしたり、自己破産をしてしまった場合には借金をすべて背負うことになってしまいます。
このような不利益を被ることは問題なので、相続放棄という方法が認められています。相続放棄をするには、死亡を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をする必要があります。3ヶ月が過ぎると自動的に単純承認をしたことになってしまうので注意が必要です。
借金を引継がないためのもう1つの方法として、限定承認という方法があります。限定承認をすると、プラスの財産とマイナスの財産を比較して、マイナスのほうが大きい部分だけを放棄するというものです。
例えば、「貯金が500万円、土地が500万円、借金が1500万円」あるとしたら、借金500万円を放棄して、「貯金500万円、土地500万円、借金1000万円」だけを引継ぐことになります。
限定承認も3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をする必要があります。

check

結婚式におすすめのロングドレス

http://www.groovynight.com/

2017/2/16 更新