相続に関する豆知識

相続に関する豆知識

相続の相談は速やかに法律家にする

民間人同士のトラブルの中でも特に多い案件に相続問題が挙げられます。
想像問題は身内だけの問題ではなく、財産に対する権利を持っていれば外部の人も問題に絡んでくることがありますので、トラブルになりそうな場合にはすぐに法律家に相談しなくてはいけません。
身内に亡くなった人がいた場合には、普通は法律に書かれている法定割合によって相続が行われます。しかし、亡くなった人が遺言書などの意思表示を残していた場合には全く別の問題になってしまいます。
基本的に、遺言書が残されていてそれがほんものであると認められた時には残された家族はそれに対する拒否を主張することが難しくなるのでそれ専用の手続きをしなくてはいけなくなります。
この場合には、本来権利を持っていた人が最低限の遺産を相続することが出来るように、遺留分の制度を利用しなくてはならないのでその相談を必ず行っておく必要があります。
こうすることで、遺言書があっても多少は遺産を相続することが可能になります。

相続における相談先について

相続は、手続きに煩雑性があることや遺産が多い場合や対象者が多い場合などには揉めることもあり、そのために専門に対応をしてくれる所に相談をすることで進められることも多くあります。
相続の相談では、大きく、遺産の分配に関係する内容と、遺産に対して生じる税金に関係する内容の2つがありますが、税金に関しては税理士に依頼をすることによって対処をすることができます。
分配に関しての相談先としては、弁護士、司法書士、行政書士が活用されており、中でも弁護士は、全ての面において対応ができるようになっています。
まず、弁護士に依頼するメリットとしては法律の視点から問題点を整理できることがあり、相続に関する全般に対しての対応を行うことができることがあります。
例えば代理人としての交渉や示談、場合によっては調停等を活用して解決を図ることができるようになります。デメリットとしては、一般的に、どうしても費用が高くなることがあります。
そのために、最初から対象者で円満な相続の確認が済んでいる場合などにおいては司法書士や行政書士がコスト面においてもメリットのある相談先となります。

Favorite

バーチャルオフィスについて検索

Last update:2017/11/15