相続に関する豆知識

相続に関する豆知識

相続には様々な手続きが必要です

相続が発生した際、遺された財産(遺産)がある場合には、遺産の名義を故人から引き継いだ人に変更する必要があります。
例えば預貯金は金融機関、不動産は法務局で名義変更を行わなければなりません。その際、遺言があればその遺言に記載された通りに財産が分配されますのでスムーズに手続きが行われることになります。
しかし遺言が残されていない場合には、相続人が話し合い、財産を分配していくことになります。これが遺産分割協議と呼ばれる話し合いであり、この話し合いを経なければ手続きを進めていくことは実質不可能となります。
遺産分割協議が成立したのであれば、その話し合いの結果を記した『遺産分割協議書』を作成し、相続人全員の実印と印鑑証明を添えて、金融機関や法務局に提出し、名義変更手続きを進めていくことになります。
この遺産分割協議が思うように成立しないようであれば、家庭裁判所での調停に持ち込むことも可能です。
このようにして相続手続きを行うことにより初めて『財産を引き継いだ』と言えるのです。

相続手続の流れについて

通常、相続の手続きに関しては、概ね定められた内容に沿って進められることになり、行う場合には内容についてよく理解をし、ポイントを抑えた上で行うことが重要になります。
相続の手続きの流れとしては、開始、遺言書の有無の確認、対象となる人の調査や確定、遺産の調査、遺産の放棄や限定承認の手続き、準確定申告、遺産分割協議、発生する税金の申告があり、他にも遺産の名義変更、故人の健康保険や年金等に関して順に進められていくことになります。
実際においては、これらの内容が1つずつ処理されることはなく、多くは関係する項目が同時進行で行われています。
遺産においては、確定内容が分からない場合でも故人の遺産の有無に関しては知っていることが多く、手続きの流れの中では、遺産の分割に関しての内容が最も揉める原因となります。
そのような場合には遺産分割協議を開催し十分に話合いを行った上で遺産の分配をする必要があり、対象者全員が同意できる内容にすることが最も重要なことになります。

recommend

八重洲口のレンタル会議室
http://www.officetokyo.net/

最終更新日:2017/5/11