相続に関する豆知識

相続に関する豆知識

相続において遺言は重要です。

相続が発生し、遺された財産(遺産)がいわゆる相続トラブルを招くケースはよくみられます。これは遺言が作成されていなかったために起こったといっても間違いではありません。
これは故人が生前に残した最後のメッセージと言えます。ここには遺産をどんな割合で誰に譲り渡すのかといった内容が記されており、遺産はその内容通りに分配されることになります。
作成は特に難しくありません。作成方法によって用紙に自筆で記して押印をする『自筆遺言』と公証役場にて公証人に公正証書のかたちで作成してもらう『公正証書遺言』の二種類があります。
自筆の場合には、相続発生後に家庭裁判所において検認手続きが必要となりますが、公正証書の場合にはその手続きを行う必要は無くなります。
また、一度作成しても後日内容を変更することは可能です。基本的には一番新しい日付のものが有効となります。
相続トラブルを起こさせないためにも、遺言を作成しておくことは非常に大事なことなのです。

被相続人の最終意思決定である遺言とは

遺言と言えば、ドラマや映画にもたびたび登場していますので、言葉としては聞きなじみのあるものですが、実際に何ができるのかやどんな効力があるのかは正しく知られていません。
もし亡くなった人が財産をすべて第三者に寄付すると遺言していたとしても、遺族がすべて寄付しなければいけないわけではありません。
法定相続人のうち、兄弟姉妹以外の、配偶者、子供、父母などの(直系尊属)に対しては相続財産が留保されており、相続の失格(故意に被相続人を殺害するなどの重大な侵害をしたものなど)にならない限りは規定の財産を受け取る権利があります。
自分が亡くなったときには、遺留分以外の財産を自分の意志によって渡すことができますが、そのために最終意思決定と言われています。
最近では「終活」として、自分の生前のうちに残された遺族がもめることのないように、貢献度などを考慮して遺言状を作るケースが増えています。
遺言状には「普通方式」と「特別方式」がありますが、それぞれ家庭裁判所などに届け出る必要があります。

Valuable information

札幌の金買取

http://www.recyclemart-hiraoka.com/

2017/2/24 更新